冷え性って何?対策法は?

女性にとても多い「冷え性」とは

個人差はもちろんありますが、女性の半数以上の多くの方が「冷えが辛い」と感じています。男性に比べると女性は、皮膚の表面温度が低いのです。その上、月経の影響で腹部の血流が滞りやすいことなど、貧血や低血圧の人が多い等も女性に冷え性が多い理由なのでしょう。

また、男性にも「冷え性」で悩む方もいます。それほど珍しくはありません。女性と違うのは生活習慣病である動脈硬化やストレス過多、運動不足による筋肉の減少などが関わっていることも多いのです。

体温調整と身体の冷えには深い関係が…

身体の冷えをしのぐ女性
私達人間の体内の中心部は常に37℃に保つよう調整されています。そのため、体外の環境の変化に合わせて、体温を調節しているのです。暑い時は、四肢末端や皮膚表面近くの血管を拡張させて、血流を増やすことで外気に熱を逃がそうとします。

寒い時は逆で、四肢末端や皮膚表面の血管を収縮させることで熱の拡散を少しでも防ごうとするのです。そうして、手や足先は血液が行き渡りにくくなり、温度が下がります。ちなみに、寒さで震えてしまうことがあると思います。それは、筋肉を動かすことで熱を作りだそうとしているのです。

タイプが分かれる冷え性

5本の木
冷え性は5つのタイプに分かれます!それは、原因によって異なるといいます。そのタイプを知ることで病気の予防や改善方法が分かり、今のうちから対策をとっていくことも必要です。

自律神経失調タイプ

最も多いのがこのタイプです。ストレスの影響を受けやすく、交感神経が緊張します。すると、血管が恐縮して血行が悪くなります。これが冷えを引き起こし、免疫力も低下します。これをきっかけにアレルギー性疾患になりやすくなり、そのほか不安や無気力、頭痛、肩こりなどいろいろな症状にもつながります。

低体温症(熱量不足)タイプ

体温が低く、35℃台で体内の代謝が低下します。すると、さらに体温が低下するという悪循環になります。このタイプは運動不足や筋肉があまり発達していない人、筋力が低下したお年寄りなどが多いと言われています。こちらも免疫力の低下から風邪や感染症にかかりやすい、アレルギー症状が出やすくなります。さらに気力がない・疲れやすいなどの症状もあらわれます。

ホルモンのアンバランスタイプ

特に女性は生理・思春期・妊娠・出産・更年期などいろいろなタイミングで女性ホルモンのバランスに変化が現れます。このホルモンバランスの変化が血管コントロールにも影響を与えることで、冷え性が起こります。更年期には「更年期障害」のさまざま症状が起こります。生理不順や頭痛、ほてり、汗をかきやすいなどの症状もあらわれます。

低血圧タイプ

心臓が血液を送り出す力が弱い状態を指し、血液が手足等の末端まで行き届きにくいので、冷えが起こります。そのほか、めまい、立ちくらみ、肩こり、便秘、食欲不振などの症状も見られます。

貧血タイプ

血液中のヘモグロビンの量が減少、不足している状態です。酸素を肺から全身へ運ぶ役割をしている為、貧血状態となると全身で熱エネルギーが作りだせなくなります。そうして、冷え症を引き起こします。このタイプは手足だけでなく、全身が冷えてしまいます。症状は冷えのほかにも、めまい、立ちくらみ、息切れ、顔色が悪い、身体が疲れやすいなどがあります。

体質を変えたい、その対策方法に気になるものがありました!

身体を温めるイメージ
対策方法には、どんなことがあるのか調べました!すると、血行を良くしたり、身体を温める効果のある栄養素含んだ食品を普段から摂るようにすることやストレッチ、お風呂に入り体の芯から温まることはもちろん大切です。そのほかにも、腹巻や湯たんぽなどのグッズを活用することもあります。そんな中、血流を良くするもので一番気になったのが「スイソニア」でした。

水素の働きが冷え性の改善に!

タンポポが広がる
スイソニアとは、水素が持つ抗酸化作用で血管の柔軟性や血行を改善・維持してくれる働きがある水素吸入器装置です。水素分子の小ささから、他の抗酸化物質が入り込むことができない脳や子宮などへも行き届いてくれる為、交感神経やホルモンバランスを整えるサポートもしてくれるのです。

免疫力の低下も酸化により細胞の機能が低下することが一因で起きてしまうので、そのもととなる酸化を防ぎ、血管拡張作用もあるスイソニアはさまざまなタイプの冷え性も改善してくれる効果が期待できます。

実際に、スイソニアを体験したことがある人は「体験中は体がポカポカする」という人も少なくありません。ただ、水素吸入を行う場合は改善したい症状によって異なりますが基本的に60分~90分の吸入が目安になります。

毎日行うことができる食事や入浴、ストレッチと合わせてスイソニアを行えば、より冷え性が改善されていくという体感ができるのではないでしょうか。また、今ではスイソニアをレンタルしてお試しができるのでお勧めです。

PAGE TOP